増え続ける不倫慰謝料トラブル

「夫の不倫相手に慰謝料の請求をしたいのですが、私の場合でもできますか?」

「不倫をしてしまい相手の奥さんから慰謝料請求の内容証明が届きました。どうしたらいいですか?」

こういった不倫慰謝料に関するご相談の件数は、当事務所が扱う案件の中でも一二を争うほど多く、しかも年々増え続けています。

簡単そうで簡単ではない不倫の慰謝料

これだけ不倫にまつわるトラブルが多いと、中には、弁護士に相談せずに、自力で不倫の慰謝料請求を起こしたり対応したりする方も少なくありません。

もちろん、自力で対処すること自体は悪いことではなく、かえってその方がよい場合もありますが、自力で対処する場合はより一層、不倫の慰謝料についてきちんと理解する必要があります。

そうでないと、誤解や知識不足のために、本来支払ってもらえる慰謝料を支払ってもらえなかったり、本来支払う必要のない法外な慰謝料を支払わされたり、といったことになってしまう恐れがあるからです。

慰謝料の金額以外にも、注意しなければならない点はたくさんあります。以下はその例です。

  • 相手にすると逆に不利になること
  • 相手に対して要求できることとできないこと(応じてよいことと応じてはいけないこと)
  • 示談書に盛り込むべき内容

簡単そうに見えて、その実そう簡単ではないのが不倫の慰謝料なのです。

このサイトは、一般の方が不倫慰謝料について正しく理解していただくことを目的に、できるだけ難しい言葉を使わずに説明してあります。

お気軽にご相談ください

不倫慰謝料のトラブルで悩む人の解決の一助になれば、との思いからこのサイトをつくりました。

お困りの際は、不倫慰謝料問題に精通した当弁護士事務所にお気軽にご相談ください。迅速・丁寧を心がけ対応致します。