離婚・慰謝料の相談

離婚の条件について配偶者と折り合いが付かない、不倫の慰謝料を請求したい(請求された)、子どものことで不安や不満がある...。自由が丘法律事務所は、こうした問題の解決に数多く携わってきました。

あなた自身の幸せを第一に考え、悔いの残らない解決をして欲しい。そのために、当事務所が全力でバックアップいたします。お気軽にご相談ください。

離婚の進め方

離婚をするにしても、できれば円満にしたいと誰でも考えますが、夫婦が直接に話し合うと、どうしても感情的になったり、好戦的になったりしがちです。

離婚について夫婦間で話し合いがうまくできないときには、無理をせずに一日も早く弁護士に相談してください。弁護士が入ったことがきっかけとなって事態が好転したり、そうでなくても、調停を申し立てて中立的な第三者を間に挟むことによって、意外にも早期に解決できたりすることはよくあります。

詳細はこちらのページ『離婚の進め方』をご覧ください。

↑ページの先頭に戻る

不倫・浮気の慰謝料請求

婚姻することにより夫にも妻にも貞操義務が生じます。この義務は原則として夫婦でなくなるまで(離婚や死亡)続きます。

この貞操義務に反して不倫をした一方配偶者及び不倫相手に対し、不倫をされた他方配偶者は、慰謝料を請求することができます。

詳細はこちらのページ『不倫・浮気の慰謝料請求』をご覧ください。

↑ページの先頭に戻る

財産分与

婚姻期間中に夫婦の協力によって築いた財産は、離婚に際して清算する必要があります。これを財産分与といいます。

多額の預貯金や不動産等がある場合は、財産分与について争いが生じることが少なくありません。

財産分与は、自分の不倫が離婚原因となっているような場合であっても、相手に請求することができます。

詳細はこちらのページ『財産分与』をご覧ください。

↑ページの先頭に戻る

子どもの問題、生活費

子どもの問題

子どもがいる場合、親である夫婦が離婚をするには、その方式にかかわらず、親権者を決めなければなりません。

子どもに関しては、養育費の問題もあります。

親権の問題は必ず、また養育費の問題も基本的には、夫婦間に争いがあって合意ができない場合は調停を申し立てることにより解決することになります。

養育費の場合は、離婚した後でも請求することが可能ではありますが、一般的には養育費の条件を決めてから離婚します。

生活費

夫婦が別居している場合は、子どもがいる場合もいない場合も、別居中の生活費を相手方に頼らないと生活できないような場合、相手方に対して生活費の請求をすることができます。婚姻費用の分担請求といいます。

この婚姻費用の分担についても、夫婦間に争いがあって合意ができない場合は、調停を申し立てることにより解決することになります。

詳細はこちらのページ『子どもの問題、生活費』をご覧ください。

↑ページの先頭に戻る

離婚事件の弁護士費用

こちらのページ『離婚事件の弁護士費用』をご覧ください。

↑ページの先頭に戻る