訴えられたら

自由が丘法律事務所は、裁判所に訴えられてお困りのあなたをさまざまな方法でサポート致します。

訴えられたあなたを豊富なメニューでサポート致します

裁判所に訴えられた場合の対応には、いくつものパターンが考えられます。

一番安心できるのは、弁護士を代理人に立てることだと思いますが、どんなケースでもそれがご本人にとって最善の方法であるとは限りません。

また、予算その他の事情で弁護士を代理人に立てることが難しい場合もあります。

自由が丘法律事務所は、何がその人にとって最善なのかを考え、その方のご事情に応じたベストな解決方法をご提案させていただきます。そのために、以下のサポート方法をご用意しております。

どの方法でサポートさせていただくかは、最初の法律相談の際にお聞きした内容、ご事情をもとに提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

1.継続的法律相談

訴えられた裁判が終了するまで随時、電話・メールにて弁護士にご相談いただくことができるサービスです。通常の法律相談のように面談に来ていただく必要もなけれはご予約をいただく必要もございません(もちろんご希望であれば面談による法律相談もできます)。解約や再開も随時可能です。

継続的法律相談サービスをご利用いただくことにより、ご自分でご作成いただいた書面の指導・添削などのアドバイス、相手方提出書面の解釈・解説、立証方法についてのアドバイス、次回期日に向けた注意点・心構え等、あらゆるお悩みに対して弁護士のアドバイスを受けることができます。

弁護士が継続的に関わることで、よりきめ細かなアドバイスが可能になります。

裁判や調停の途中からご依頼いただくこともできますし、既に他の弁護士を代理人に立てていらっしゃる方がセカンドオピニオンとしてご利用いただくこともできます。

継続的法律相談のご利用料金は、月額3万円+消費税です。

詳しくはこちらのページ「継続的法律相談のご案内」をご覧ください。

2.単発の法律相談

書面の作成、次回期日への準備、解決方法の選択(和解か判決か等)など、解決すべき点が具体的で限定されている場合は、単発の法律相談でも対処が可能な場合があります。

例えば、答弁書等の書面作成に先立ち、書くべき内容についてご相談いただいたり、既にご自分でお書きになった書面がある場合はその添削を法律相談の中でさせていただくことが可能です。

単発の法律相談のご利用料金は、30分ごとの時間制で、30分につき5000円+消費税です。

3.書類作成

答弁書や準備書面の作成部分のみをお引き受けするサービスも用意しております。

作成手数料は次のとおりです。

答弁書
10万円+消費税
準備書面
5万円+消費税

上記料金には、事実関係をお聞きしたりする相談料も含まれます。

4.代理人就任

代理人に就任させていただくことも勿論可能です。

その場合、裁判所に提出する書面は、ご本人からお聞きした事情をもとに原則として弁護士が作成します。

また、裁判所、相手方に対する連絡窓口等も弁護士がなり、裁判所へも弁護士が出頭します(離婚調停や訴訟、遺産分割調停等ご本人の出頭が必要な案件については、ご本人とともに同行します。)。

代理人に就任させていただく際の料金(着手金等)は、案件の類型によって、定額であったり、請求されている金額に応じて決まったりします。詳細はこちらのページ「料金表」をご覧ください。

↑ページの先頭に戻る

自分で対処される場合

ご自分で訴訟等に対応する場合、訴状が届いたときにまずするべきことは、答弁書を期限までに提出することです。訴状に同封されている呼出状に、第1回目の裁判が行われる日、答弁書の提出期限などが書かれていると思いますので、同封の記載例などを見ながら答弁書を期限までに提出し、裁判に出席します。

答弁書の書き方につきましては、当事務所監修のウェブサイト「訴えられた!どうする? 答弁書の書き方講座」をぜひご覧になさってください。

答弁書を提出せずに裁判を欠席すると、相手の言い分を認めたものと見なされてしまいますので、答弁書は必ず提出するようにしてください。反対に、第1回目の裁判までに答弁書を提出した場合は、都合がつかなければ欠席してもかまいません。

裁判をしていく中で、自力での対処に無理を感じたときなどは、裁判の途中から弁護士を立てることもできます。

↑ページの先頭に戻る